売掛金の回収の違い

債権回収の一つの例として、売掛金の回収があります。売掛金は基本毎月ごとに支払われるべき代金ですが、相手先の状況によっては未払いもしばしば起こり得ます。当事者同士の交渉で売掛金が回収できれば一番良いのですが、債務者が「どうしても支払えない」と主張する困った事例も起こり得ます。そんな時には、法的手続きをとるか、弁護士に相談しましょう。

「売掛金の回収」という債権回収を、サービサーに依頼するのは不可能です。サービサーが回収できる債権は「特定金銭債権」と言い、その多くは金融機関や貸金業者が関わる債権だからです。回収できる債権に限りがあるサービサーとは違い、弁護士はどんな債権でも回収を処理する事が可能です。売掛金の回収を弁護士に依頼する場合には、多くのメリットがあります。

まず、売掛金の回収が効率的かつスピーディーに完了します。弁護士が債権回収処理をしている間、債権者は債権回収に関わらなくて済むからです。また、弁護士は債権回収について知識とノウハウが豊富ですから、「どうすれば速やかに債権回収が可能になるか」考えてくれるのです。また、債権者の精神的負担が軽くなります。第三者の手を借りる事で、債務者から債権回収する際の精神的負担を軽くする事ができるのです。